2014年10月28日火曜日

釣れるピンク羽根毛鉤、各種揃いました

冬に向かって気温が急降下、

外気温が下がれば海水温も下がります

これから魚が一番美味しくなる時期なのです

その釣れる時期に合わせて、

当店一番人気のピンク羽根毛鉤シリーズ

在庫が勢ぞろいしました

仕掛けは各種有りますが、ハリス付きの毛鉤も各種有ります

針は、タラ針、ネムリセイゴ針、スズキ針、を基本に

ハリスは4~10号、

針に付ける、シート、ゴム、スカート、ティンセルなど

特注も賜りますし、地方発送します







FAXでの注文も受け付けておりますので
             下記の番号までお送りください。
   〒041-0851
         北海道函館市本通2-30-10

   TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を
              福原釣具店 福原 城一

                    

          HP http://www.sikake.net



釣れる、タラ釣りの新兵器! 全道から注文が

その新兵器は、タラシャクリやタラジグに付ける、

フラッシュアシストフックです

通常タラシャクリには、イカリ針かチラシ針を取り付けます

さらに、疑似餌のタコかイカを付ける事も、多いのでは

当店オリジナルの、フラッシュアシストフックは、

タコの中に水中ライトを入れて

2ヶ所でライトが点滅、タコ全体を明るくライトアップします

水中ライトは完全密閉型で、水深600mまで対応

さらに、海中に入ると点滅し、海中から上げると消えます。

電池は約50時間持ちます

針はアシストフックに使用する、丈夫なオーナーの針を2本セット

ハリスは取り替え可能な、フロロカーボン14号

タコの中に夜光の足が、さらに一巻きセット。アピール抜群

とにかく、変わった物に興味を示すタラ

このフックを付けると、釣れる事間違いナシ!!







FAXでの注文も受け付けておりますので
             下記の番号までお送りください。
   〒041-0851
         北海道函館市本通2-30-10

   TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を
              福原釣具店 福原 城一

                    

          HP http://www.sikake.net







2014年10月26日日曜日

椴法華沖の魚影、濃くなったきました

19日,20日両日共に、

魚の活性が異常に良くて魚がクーラー釣り

恵山沖も同様に、タラ、ヤナギノマイが数多く釣れました。

でも、海は気まぐれでその大漁もどこへやら

次の日からは、なかなか本調子にならない毎日です

しかし、23日は2~3時間限定で入れ食いになり大漁でした!!

今後、水温が下がってくるとどんどん良くなりますよ

余談ですが、仕掛けの話しを書きます

下海岸から椴法華にかけての、

仕掛けの違いなんですけれどもザックリ大きく分けて

一般論的に、恵山沖を基点として下海岸側と、

椴法華側では同じ魚でも、仕掛けが違ってくるのでは

ヤナギノマイは、下海岸側方面では漁師さんが

常日頃から漁でヤナギノマイを釣っているので、
魚の警戒心が強くなり、すれているので針は小さくして
ハリスも細くしなければ、釣りずらくなりました
針の色は、グリーン系が基本

恵山沖では、ケイムラ系の色が基本

椴法華沖は、圧倒的にピンク系の針が釣れますし

魚は、大型が多いのでハリスは、やや太目になります

同じ魚を釣るのに、場所によって使う針の色が違うのは、

不思議ですね

でも、この色を意識して使うと、

成る程と思うことが多いのは事実です

かと言って、一つの仕掛けで一日中釣れる訳も無いので

必ず色違いの仕掛けを、用意してください

変え針の用意も忘れずに

餌に関しては、短冊の場合
赤イカ、白イカ、サバ、サンマ、カツオ、など
大物狙いの一匹掛けの場合
イワシ、チカ、オオナゴなど

その日の食いに対応できる様、

大変ですが色々な餌を持つことも大切です

仕掛けや針の事なら、当店にご相談ください

豊富な種類の、針と仕掛けで対応させていただきます

もしもお気に入りの針が無ければ、一本からでも作ります








FAXでの注文も受け付けておりますので
             下記の番号までお送りください。
   〒041-0851
         北海道函館市本通2-30-10

   TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を
              福原釣具店 福原 城一

                    

          HP http://www.sikake.net





2014年10月24日金曜日

超超超ビックなヒラメが上がりました!!!

上がりましたよ。とんでもない超大物のヒラメ!!

その場所は、今やブリ、マグロで、

全国に知れ渡っている戸井町。

ヒラメの釣れる場所は、常に津軽海峡の海流が激しく流れ

さらに荒々しい海底が釣りを難しくする

そこに大物のヒラメは、居ました

釣り上げられたヒラメは、現地ですぐに計測されて

10kgに少し足りなかった、9.9kgだったそうです。

大きさは98cm今年は、

超特大サイズのヒラメが上がらず仕舞いかと、思っていたら

やっぱり、ヒラメの主は居ましたね、

戸井地区の今年最高記録です

釣り上げた釣り人は、3年続きで、

小谷石と戸井で最高記録をマークしています

まだ、シーズンは終わってませんので

チャレンジしてみませんか?

まだ見ぬ大物が、待ってますよ

ちなみに、本人に釣り方のチェックポイントを、聞いてみました

竿は持たずに特性ロッドホルダーに、竿を掛けてシヤクリますが

シヤクリ幅は竿先で表現すると、動かす幅は約30~35cm位

その考えられないシャクリの動きが、

ヒラメにとっては、たまらなく餌のオオナゴが、

美味しく見えるんでしょうね

オオナゴは鮮度抜群のMサイズ、タコキャップは夜光系

夜光/ピンクバケはオレンジ系がお薦め!!







FAXでの注文も受け付けておりますので
             下記の番号までお送りください。
   〒041-0851
         北海道函館市本通2-30-10

   TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を
              福原釣具店 福原 城一

                    

          HP http://www.sikake.net





2014年10月23日木曜日

ケイムラカレイ仕掛けの、ファンが増えました

 先週の土曜日に、お客様からのご要望がありました。

椴法華沖のババカレイ釣りに行くので、

釣れる仕掛けが欲しい磯舟に乗って、

仲間と一緒に行くみたいです。

それならばと、当店も自信を持って釣れる仕掛け

実績の一番ある仕掛けを勧めなければ、責任重大である。

その仕掛けは何かと言うと、毎回御紹介させてもらっている

ケイムラカレイ仕掛けです。

ババカレイ釣りのお客様に、よく聞かれるのですが

ケイムラは本来、太陽の光からの紫外線に反応して、

青白く光るケイムラ色

その紫外線が、海中に届く距離が30m位が限度らしいが
 
ババカレイが釣れる深さは30m~80m 、

到底紫外線は届くはずもないのに、何故釣れるのか?

理由は分かりませんが、とにかく釣れるのは間違いありません
 
沢山のお客様が、満足しております
 
本当にケイムラカレイ仕掛けは、カレイには万全の仕掛けです

話しは変わって、仕掛けを買われたお客様の釣りの結果ですが
 
ババカレイの本場、椴法華に3人で船に乗り出港

風も無く、波も高く無く、最高の釣り日和

この日のババカレイのサイズは、特に大型は無かったのですが

中型からやや大型まで、3人の合計枚数が25枚でした

気になるそれぞれの枚数は、普通の仕掛けの2人は3枚、5枚

ケイムラカレイ仕掛けのお客様は、

ダントツの17枚この違いは、ケイムラその物です

是非とも一度、ケイムラカレイ仕掛けを使ってみて
 
素晴らしさを味わってください

ちなみに、別の船に乗ったお客様からも同様の

体験談の報告がありました。

ありがとうございます






FAXでの注文も受け付けておりますので
             下記の番号までお送りください。
   〒041-0851
         北海道函館市本通2-30-10

   TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を
              福原釣具店 福原 城一

                    

          HP http://www.sikake.net

2014年10月22日水曜日

八雲(山越)沖のマガレイ

一部のホタテ漁師さんは、ケタに下がっている

ホタテカゴのホタテを機械で綺麗に洗う、作業を始めています

この時に出てくるゴミ、その量がハンパでない。

泥、海藻、色々な貝、それに虫

その全てが、海底に落ちていくのです、

貝は機械に潰され、身はむき出しに。虫は居場所が無くなり、

海中をユラユラと泳ぎ回り

その光景を見つけたカレイにしてみれば、

それはまさに、食べ放題のバイキング状態。

この状況を見つけた、船の回りのカレイが

黙っている訳がありません

我れ先に、貝や虫に食い付きパニック状態。

その中に仕掛けを下ろすと、

それはもう大変大騒ぎです
                             待ったなしの入れ食い!!!!!!

見た事が無い大型のマガレイや、身が厚い大型のソウハチ

丸々太ったアブラコなどそれはまるで、釣り堀です

しかし、このようなチャンスは船頭さんの、

仕事の段取り次第で決まりますので

あらかじめ予定を決めることができません、

船頭任せのスケジュールでも、

日程を合わせられる方はご連絡ください









FAXでの注文も受け付けておりますので
             下記の番号までお送りください。
   〒041-0851
         北海道函館市本通2-30-10

   TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を
              福原釣具店 福原 城一

                    

          HP http://www.sikake.net

 





2014年10月20日月曜日

ビックホッケのその後

群れが散らばったのか、釣れ方に少しムラが出てきました。

しかし、一度魚探に反応が出れば、

丸々太ったビックホッケ

釣り上げられ船上で豪快にバタバタと暴れる、

ホッケの姿が見られます

あくまでもホッケ狙いで、釣りをするのであれば

ヤナギノマイ主流の細糸ハリスの、仕掛けではなく。

ホッケ狙いの太糸ハリスで挑んでください。

ハリスを切られてから、ホッケの引の強さに気が付いて、

その時点で、仕掛けを交換してもホッケは居なくなり、

後の祭りになります。

潮流れでホッケが居るのに、

食いが悪い時には太糸幹糸のホッケ仕掛けに、

バケを付けて竿を振るのも一つの方法です。

食い渋っていたホッケも、針に飛びついてきますよ。

バケが無い時には、違う方法があります。

それは、竿をただロッドキーパーに置いて

ホッケのアタリを待つのではなくて

故意に、船のローリングの揺れとは別の揺れを作くるのです、

不自然に竿を強くしたり、弱くしたり振るとか、

さらに、PEラインを手に持って、大きく上げ下げすることも、

誘いのひとつになります。

とにかく、海底の仕掛けの動きをイメージして、

ホッケの気持ちになって仕掛けを操ってください。

ちょっとの何かの違いが、大漁になるのです。




FAXでの注文も受け付けておりますので

               下記の番号までお送りください。

   〒041-0851

          北海道函館市本通2-30-10

     TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

 

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を

              福原釣具店 福原 城一

                    

               HP http://www.sikake.net

大澗沖(函館市)のバラメヌキ

秋の高級深海魚の代名詞、

津軽海峡のバラメヌキ釣りが始まりました。

例年並みの釣果でスタートしております。

海中から上がってくる、真っ赤な魚体を見ていると思わず、

メヌキ釣りのとりこになってしまいます。

深さは200~250m  オモリは潮流れに応じて300~400号

津軽海峡の潮流れは、常に複雑な流れが多く、

流れも常に早いです。

どうしても、竿自体も太く成りがちですが

出来るものであれば、竿先だけが感度良く曲がる、

先調子の竿をお勧めします。

電動リールは、パワーがあるタイプが必要です

PEラインは、8本ヨリの4~5号を最低600m巻いてください

仕掛けの針数は、平均10本針

餌は様々ですが、一般にイカが多くて切り方は短冊または輪切り

紅イカやゴロ漬けイカ、ニンニク漬けイカなど

オオナゴやチカの一匹掛けも、時々大漁の成る事も

釣れているメヌキの大きさは、1~4kg

本数は、2~8本くらいで その日によって本数はバラバラです

仕掛けなどの詳細は、当店まで

ちなみに、仕掛けも多種ご用意しております。




 
 
FAXでの注文も受け付けておりますので

               下記の番号までお送りください。

   〒041-0851

          北海道函館市本通2-30-10

     TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

 

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を

              福原釣具店 福原 城一

                    

               HP http://www.sikake.net












2014年10月19日日曜日

八雲沖のマガレイ!!

八雲沖と言いますが、実際に釣る場所は山崎から

黒岩沖方面ベストポイントになります。

この秋もマガレイは、数多く釣れています。

マガレイ釣りは、誰でも手軽に出来るので

女性やお子さんに人気ありますし

特に初心者の方にお勧めします、

マガレイは、調理が簡単で料理方法が多く、

長期保存が可能なので家庭では喜ばれる、魚のひとつです。

船がマガレイポイントに入りますと、入れ食い状態になり

優雅に周りの景色を、見る余裕が無くなるくらい忙しくなりますが

それが、また楽しいのです。

思わず笑ってしまう、楽しさなのです!!

でも、そのような入れ食い状態でも、

どんな針や仕掛けで言い訳ではありません。

確かに入れ食い状態の時は、どんな針、

仕掛けでも釣れますが結果、最終的に大きな差が出るのです、

特にマガレイ釣りは、その差がハッキリ分かりますし、

分かりやすいのです。

初心者とか、名人とか関係なく最後に大きな差がでます。

それが、釣れる針と釣れない針の違いがです。

その違いを大切にしたいです。

今期はマガレイのサイズが場所によって違いますが

大型ばかり釣れる場所、中型ばかりの場所はあるのですが

何のなく、小型の場所が多い様に思われます

その時には、針のサイズをワンランク小さく替える様にしましょう

針掛かりが驚異的に変わります。

お勧めサイズは13号です

ケイムラカレイ毛針でも、製作出来ますので御用命ください。






FAXでの注文も受け付けておりますので

               下記の番号までお送りください。

   〒041-0851

          北海道函館市本通2-30-10

     TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

 

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を

              福原釣具店 福原 城一

                    

               HP http://www.sikake.net

2014年10月18日土曜日

札苅から木古内沖のヒラメ

先週までは、数多く上がっていたヒラメ

深さも10~15mの浅場での活性が良くて、

釣りやすかったし枚数も小型混じりの10~15枚

釣れていたのですが

今週は少し深くなり、20~30mにヒラメが移動しました。

そのためか分かりませんが、

枚数が5~7枚に少なくなってしまいました。

でも、型が大きくなり平均サイズが50~65cm

ランクアップ釣りのターゲットとしては、

充分すぎる大きさ引きの強さも、

手応えも思う存分堪能出来ます。

ちなみに、外道のフグは居ません。






FAXでの注文も受け付けておりますので

               下記の番号までお送りください。

   〒041-0851

          北海道函館市本通2-30-10

     TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

 

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を

              福原釣具店 福原 城一

                    

               HP http://www.sikake.net


ネムリセイゴ16号、ピンク羽根毛針が出来ました

船釣りの仕掛けは、小さい針で細い糸が釣れるのが当たり前

当店の一番人気の、ピンク羽根毛針仕掛け。

従来はタラ針の6号が定番でした、

しかし以前からお客様の要望で

ネムリセイゴ針16号で、作って欲しいと言われていたのですが

材料のピンク羽根が無く、製造が出来ませんでした。

しかし、今月ようやく羽根ピンクが入荷しましたので

ピンク羽根毛針を、作ることが出来ました。

この後、羽根の色や、フラッシャーの色、テインセルの色など

様々な種類を組み合わせて、作る予定です。

さらに、針だけ、ハリス付きの針、仕掛け、

あらゆるパターンの注文を受け賜りますので

お気軽にお問い合わせください。

貴方のご希望にかなった仕掛けを、作らさせていただきます。





FAXでの注文も受け付けておりますので

               下記の番号までお送りください。

   〒041-0851

          北海道函館市本通2-30-10

     TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

 

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を

              福原釣具店 福原 城一

                    

               HP http://www.sikake.net









2014年10月16日木曜日

ケイムラカレイ仕掛

ケイムラカレイ仕掛けがラインナップ、

お陰様で道内各地からカレイが釣れると、

好評を得まして日々御注文を頂いております。

太陽の紫外線で青白く光るケイムラ

入れ食いが楽しめますよ。







FAXでの注文も受け付けておりますので
               下記の番号までお送りください。

   〒041-0851

          北海道函館市本通2-30-10
       TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を
              福原釣具店 福原 城一
                    
               HP http://www.sikake.net

光るタラ釣り仕掛!!!

タラが釣れると評判のフラッシュアシストフック、

各地のお客様からの注文が多く、

製作が間に合わなかったのですが、

ようやく体制が整って発送、

店内陳列ともに間に合うようになりました。

是非一度お試しください。



     FAXでの注文も受け付けておりますので
               下記の番号までお送りください。

   〒041-0851

          北海道函館市本通2-30-10
       TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

        笑顔が見たくて釣れる仕掛を
              福原釣具店 福原 城一
                    
               HP http://www.sikake.net


2014年10月14日火曜日

超大型ホッケ、やっぱり釣れました

前回に紹介しました大型ホッケの話、

現場に近い知り合いの漁師さんに話したところ

ホッケが釣れている事を、全く知らなかったのです。

次の日から、仲間の漁師さんを誘ってホッケの場所へ

2日、3日と通い続けたのですが、ホッケの反応は全く無い

いささか痺れを切らし始めた11日、

一人の漁師さんがビックホッケを釣り上げました

この日は、ホッケが全く釣れて無かったので、

ハリスの太さはヤナギノマイ狙いの従来通りの3号

魚探を見ながら、反応を確認していると真っ赤な魚の反応が

すかさず仕掛けを下ろすと、竿先が思いっきり揺れている

しかし、すぐに揺れが止まってしまった。

何故か、仕掛けを巻き上げると理由はすぐに分かりました

仕掛けの針が、切れて無くなっている!!

切った相手は、ビックホッケその物です

すぐに太いハリスの仕掛けに交換し、

再投入待つこと数分、ガタガタと激しく揺れる竿先!!

巻き上げると、ほぼ針数のビックサイズの

赤身を帯びたホッケが、上がってきました!!

船上で見直すと、ほとんどが50cmくらいの大型

そのホッケを組合に出荷すると、貴重な大型ホッケだったので

予想以上の高値で取引され、思わぬ収入になったようです

●大漁の秘訣

1匹、2匹食いついても、すぐに電動リールは巻かずに

そのまましばらく待って、有る程度針に魚が掛かってから、

巻き上げる事をお勧めします。

せっかく魚が口を開けて、食い付こうとしたら

仕掛けが巻き上がってしまい、

大事なチャンスを自らダメにしています。

魚の気持ちになって、イメージを考えながら

釣るともっともっと、大漁出来ると思います。




041-0851

       北海道函館市本通2-30-10
    TEL/0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

     笑顔が見たくて釣れる仕掛を
           福原釣具店 福原 城一
                    
            HP http://www.sikake.net






2014年10月13日月曜日

ヒラメ、まだまだいけますよ。でも、チェックポイントが

最近釣果情報が聞かれなくなった、

戸井沖のヒラメ情報と言えばブリの話しが多いが、

しかし本来はヒラメ釣りの本場毎年大型のヒラメが釣れるのも、

この時期が多いのです。

今週の日曜日も、84cmの大型が上がりました

枚数は、釣れた方で11枚 釣れない方で4枚でした

あるお客様が言われていたのですが、

アタリは数多くあるが針掛かりが悪く、すぐにバレると

しかし、釣れている方はバレが全く無く、

アタリが有ると全て確実に針掛かりすると

何故かと、皆さんでいろいろと釣り方や仕掛けを

比較しながら考えると、違いが分かってきました

竿の調子、PEラインの太さ、オオナゴ、針の大きさ、

釣り歴極端な差が無い

大きな違いは、仕掛けのたった一本の針の違いだけだったのです


その針は、仕掛けの尾の方に掛ける針だったのです。

その針一本が、一本針かイカリ針かの違いで

釣果に大き過ぎる差が出たのです

もう一度、どちらの針がいいか、確かめ直して見ませんか?

当店では、両方のタイプの仕掛けをご用意しております。

両方を手に取って、違いを再確認しませんか?




041-0851

       北海道函館市本通2-30-10
    TEL/0138-51-3579 携帯/090-2070-6514

     笑顔が見たくて釣れる仕掛を
           福原釣具店 福原 城一
                    
            HP http://www.sikake.net