2018年12月29日土曜日

今年も一年お世話になりました

日頃お客様からの支援があっての「ケイムラ仕掛シリーズ」
今年は昨年以上に、本当にお世話になりました有難う御座います
今年は道内はもとより東北、北陸からの数多くのお客様からも
「ケイムラシリーズは凄く釣れるよ」とお褒めのお言葉を頂きましたし
北海道の仕掛には、無い貴重なアドバイスを数多く頂きました
今後の仕掛作製に大きな参考になりました
仕掛の内容は多少の違いはあっても、魚を釣りたい気持ちは同じだと思います
道内のお客様からは、仲間から、販売店から、船頭から勧められて始めて使ってみたら
思っている以上に「ケイムラ仕掛シリーズ」は釣れたと思った方が
数多くいらっしゃいます
一例として「釣りの先輩に無理やり釣りに誘われて行ったら、
先輩の倍以上に釣ってしまった」
「会社の接待で釣りを企画して招待した、お客様にケイムラ仕掛を
用意してあげると、言うまでもなく爆釣」
何気なく使ってみた方の反応が、物凄く大きいのにはビックリします
「ケイムラ仕掛シリーズ」は多少価格は高いかもしれませんが
結果的に満足していただける仕掛だと思います
是非一度使ってみて「ケイムラワールド」を味わってください
当店は新年度もより一層頑張りますので
宜しくお願い致します





2018年12月25日火曜日

札苅沖が好釣です

前回も好調だった札苅沖、やはり釣れてます
潮流れで釣果は大きく左右されますが、誘い方で釣れます
常に竿で小刻みに揺らすか、PEラインを手で持って
不規則に動かして誘ってください、必ず良い効果があります
針の色は「フアィアーレッド」か「フアィアーピンク」に
圧倒的に効果があります
餌は細くて長いほうが良く釣れました
時々スーパーで売っている「小さなワカサギ」も効果ありです

砂原沖のソウハチ

今時期には砂原沖で「ソウハチ」が良く釣れます
その時には迷わずに「ケイムラ ソウハチ仕掛」がお勧めです
8本針仕様ですが、長くて使いづらい時には半分に切って
4本針でお使い下さい
針の色はケイムラ、レッド、ピンク、ゴールド、その時々に合わせて
使い分けて下さい

魚の宝庫かも‼️

以前にも紹介しました、大雑把な表現で言う所の臼尻沖になります
知り合いの漁師さんの船に乗せてもらっての情報です
仕掛は前回に絶好調だった「ケイムラ ホッケヤナギノマイ仕掛」
を使いました
仕掛を降ろすと同時に激しいアタリで、竿先が震えっぱなし
慌てて巻き上げると、ほぼ針数のホッケ、ヤナギノマイ、タラ、
ガヤ、クロソイ、カジカが数珠つなぎに上がってきたそうです
その後も嘘のように釣れまくりましたが
潮流れが止まったと同時に、アタリがパタッと無くなりました
クーラーが満杯になる程魚は釣ったのですが
その時に悪魔の囁きが「今までに出来なかった釣りをやってみれ‼️」
そして すかさず500gのバケを取り出して、「ケイムラ ホッケヤナギノマイ」
に取り付けて、ゆっくり大きくシャクってみました
そうしたら嘘のように「釣れるわ、釣れるわ」釣れまくりました
さっきまでの食わず嫌いは何だったんだと、言いたくなりました
美味しそうに誘うと、魚は正直に反応するんですね

2018年12月17日月曜日

椴法華沖の五目釣り

漁礁を探りながらの釣りです
根掛かりも多いのですが、良型のヤナギノマイやホッケが釣れるし
タチが入ったタラも上がりました
「ケイムラ ほっけ やなぎのまい  仕掛」を誘いをかけるように
竿で不規則に上下させて揺らすと、直ぐに食い付きが良くて
餌はサンマやサバを細長く切った方が良かったそうです

メバルが絶好調です

旧函館市沖、当別から札苅沖でも更には涌元沖まで
大型混ざりで、針数で釣れる事もしばしば
今期のメバルは好調に釣れてます
しかし釣れる仕掛は限られていて
当店オリジナルの「ケイムラ メバル仕掛」が圧倒的に釣れてます
遊漁船に乗られるお客様、プレジャーボートのお客様など
多くのお客様から「本当に良く釣れる」とお褒めの言葉を頂いてます
替え針も用意してますのでご利用下さい
誘い次第では餌を付けなくても釣れてます

2018年12月3日月曜日

釣れました、釣れました‼️

涌元沖 (知内町)のマコガレイが圧倒的に釣れました
その日は潮流れが悪いのか、マコガレイが全く釣れませんでした
仕掛を替えても釣り方を工夫しても、反応がありません
ほとんどの釣り人が坊主か坊主に近い状況、1枚も釣れない船も‼️
しかし当店オリジナルの「発光 ケイムラババガレイ仕掛」を
試しに使ったお客様がマコガレイを20枚越えの大漁でした
この仕掛だけが最後まで釣れ続けたそうです
仕掛の名前は「ババガレイ仕掛」ですが
「発光とケイムラ」はマコガレイにも大きな効果がある事が証明されました
その後にプレジャーボートのお客様が「発光 ケイムラババガレイ仕掛」
を購入されて涌元沖へ行かれました
48cmをかしらに18枚のマコガレイ、45cmを含むババガレイを
4枚釣ってきました
「素晴らしい仕掛だ」とお褒めの言葉を頂きました

2018年12月2日日曜日

椴法華沖

本数は少ないのですが、大型のタチ入りのタラをかしらに4本
ビックな根ボッケが4本、良型のヤナギノマイが8本
内容の濃い釣りだったそうです

ロングラン感謝セール

当店初めての「ロングラン感謝セール」を開催してます
12月1日~29日まで、欲しかった仕掛をこの機会にお求め下さい
店内のオリジナル仕掛と替え針が「当店価格の20%オフ‼️」
当店へご来店か、ネットご注文に限ります
在庫が無い時にはご注文も対象になります

2018年11月26日月曜日

当別沖のメバル

30cmオーバーを含むメバルが48本釣れました
メバル仕掛の小さな針に、大きなマゾイが掛かって
タモを使って取り込んだそうです
ソイ仕掛に切り替えると、反応は全く無し
再びメバル仕掛に替えたら、直ぐにさらに大きなマゾイが
釣れました

椴法華沖

本数は少ないながら、大型のホッケが9本釣れました
ヤナギノマイは小型が少しで、タチが入った大きなタラが
3本釣れました
根こそぎ仕掛のNS-20が良く釣れて、餌のワカサギに活性が
良かったそうです

2018年11月11日日曜日

函館山沖のメバル


初冬のメバルの時期になりました
今時のメバルは最高に美味い時期です
手軽に行くことができる函館沖なので、一度行ってみてはどうでしょうか
メバルは「ケイムラ」に激しく反応するので、必ず「ケイムラメバル仕掛」の
用意を忘れないでください
餌を付けなくても、誘い方次第で釣る事が出来ます

大澗沖のホッケ


大まかな場所の表現ですが、大澗沖から汐首沖方面になるようです
中型のホッケが100本越えの大漁の時がありました
他にはヤナギノマイも数多く釣れました
大きな群れが来たのでしょうか
それとも海の中の環境が良くなってきたのかも知れませんね

鹿部沖のババガレイ

相変わらず釣れてます
お勧めの仕掛はやはり、「ババガレイ用のケイムラ」でした
全ての魚にも反応が良いようです
大きさは35~55cmくらいで50cmオーバーも珍しくありません
一人で5~10枚ですが、多い時には15枚以上の時もあります
他にはクロゾイ、ヤナギノマイ、ガヤ、アブラコ、ホッケ
などが上がることがあります

2018年11月5日月曜日

臼尻沖の五目釣り

場所は臼尻沖とは限定しづらく、あちこちと広範囲に動いた様で
大雑把な表現になります
大船沖では「ケイムラ ほっけやなぎのまい  仕掛」で針数の魚を
釣っている情報を得て、仕掛を買いに来たお客様のお話です
知り合いの船乗って挑戦されました
魚がいそうな根周りに仕掛を投入しました、すると直ぐに激しいアタリが
巻き上げてみると、何と全部の針に大きな「ガヤ」が釣れたそうです
その後場所を何か所か替えながら釣ってみると、「ソイ、ホッケ、ヤナギノマイ、
タラ、アブラコ」など面白い様に釣れたそうです
「恐るべし南茅部沖」と言いながら、「これから通いつめてみる」とも言ってました




2018年10月28日日曜日

臼尻沖のババガレイ

遊漁船ではなくて漁師さんのお話です
場所は詳しくは教えてはくれませんでしたが、おおよそで臼尻沖と
表現します
前回函館に来た時にババガレイ仕掛を買いに来てくれて
その仕掛を使ったら予想以上に釣れたので、再度来店されました
竿を2本使って、場所を何か所も替えながら釣り歩くと
結果的に25枚のババガレイを釣ったそうです
最後に仕掛を根掛かりで無くしてしまいました
近々最新の情報が入りましたら報告します

黒岩沖のマガレイ

秋のマガレイが13mラインで釣れる様になりました
浅くなると小突きやすくなるし、巻き上げも早くなり手返しが早くなるので
大漁出来るチャンスがあります
天気が良くて紫外線がギラギラの時には「ケイムラカレイ仕掛」に
勝る仕掛はありません
今期は何故かイシモチガレイの姿が多くて、マガレイが居る場所を
見つけるのに一苦労してます
しかしマガレイとイシモチガレイが驚くほど大型が多いので掛かってからの
やり取りが楽しめます
カレイ釣りに飽きたら、バケを振ってヒラメや油子釣りを楽しむ事が
出来ます、50cmオーバーのヒラメも釣れてます

2018年10月22日月曜日

椴法華から古部沖が上向き

タイミング良い潮流れに変わると
良型のヤナギノマイやホッケが釣れてます
タチが入ったタラが上がる事もあります
絶対とは言いませんが「ケイムラ ほっけやなぎのまい仕掛」を
使えばかなりの確率で好釣果が得られます
せっかく釣りに行くので「釣れる仕掛」を持って行く事を
お勧めします

2018年10月14日日曜日

鹿部沖のババガレイ

浅場でも深場でも好調に釣れている「ババガレイ」
先日当店に見えられたお客様は「友人の船に乗って、今年は100枚以上
釣っている」と言われるほど今年は良いようです
根の周りに居るババガレイを狙うので、多少の根掛かりは覚悟の上ですが
しかし根の周りなので、釣れる魚は「ヤナギノマイ、ホッケ、タラ、ガヤ」
など何とも楽しくなるような釣り
竿は2本出せるので、1本はババガレイに もう1本は五目釣り用にと
セットできます
ババガレイは比較的に黄色の針を良く好みます

2018年10月9日火曜日

札苅沖のマゾイ

お客様が自分で釣った鮮度抜群の「イワシ」と「チカ」を使って
プレジャーボートで札苅沖の「マゾイ釣りに」向かいました
竿を2本出して、1本は「自作の仕掛」 もう1本は「ケイムラ そい仕掛」を
セットしました
餌は鮮度抜群の「イワシ」を付けました
狙いの「根」の側を流すと、すかさず2本の竿先が激しく揺れました
仲間とそれぞれの竿を巻き上げると、マゾイとクロゾイが釣れました
その後もアブラコやメバルやガヤも一緒に釣れて大漁になりました
結果は圧倒的に「ケイムラ そい仕掛」が釣れたそうです
仕掛は各種シングル針とダブル針があります
餌が良かったのか仕掛が良かったかは⁉️


激しい潮流れに振り回されました


椴法華の釣り好きのお客様からのババガレイ情報です
先週天気の合間をぬって、波が穏やかな時に出港しました
風が吹いてくる天気予報なので早めの勝負です
迷わずに75mラインで船を固定しました
釣れる仕掛と聞いていた「フラッシュババガレイ仕掛」と
市販の仕掛を下ろしてみました、しかし潮流れにが早く
80号の重りも流される状況で浅場に移ろうと思いましたが
天気が悪くなることを考えて、移動は辞めました
30分後に潮流れがやや緩くなって来た途端に、竿先が大きく曲がりました
巻き上げると46cmのババガレイが釣れました
その後も立て続けに4枚のババガレイが釣れました
最大52cmも上がったところで、予報通りに強風が吹いで
大急ぎで帰港しました
実質1時間半くらいの釣りでババガレイが5枚釣れました
素晴らしき「フラッシュババガレイ仕掛」と驚いてました
因みに市販の仕掛には「カジカ」が3匹掛かりました

2018年9月29日土曜日

椴法華沖のマダラ

地元の漁師さんの船に乗ってきました
この日は潮がやや潮流れが早かったが、魚の食いは良かったようです
お客様は昨日購入の「根こそぎ仕掛」を使って
マダラ 3~7kg 8本、ヤナギノマイ 16本、大型ホッケ 8本
の満足の釣りになりました




小谷石沖のマゾイ

プレジャーボートのお客様が、久々に小谷石のマゾイを狙ってみました
知っている限りの魚探のマークポイントを、探って仕掛を下ろしてみましたが
何処も魚の気配がありませんでした
函館に戻ろうと帰る途中で、かなり以前に釣れた小さな「根」を思い出して
仕掛を下ろしてみると、「突然大きなアタリが」
すかさず巻き上げると大きなマゾイが上がってきました
その後は同じ場所で「釣れて、釣れて‼️」入れ食い状態に
結果はマゾイの32~48cmが16本、クロゾイが大中合わせて34本でした

2018年9月28日金曜日

相変わらずババガレイはグッドです❣️

今週も沢山のババガレイファンのお客様がおいでになりました
やはり皆様が言うには「最初は嘘だろうと思って買って使ってみたら
同乗の仲間よりも確実にババガレイが多く釣れた」と言われます
更には「何回も試してみても間違いなく、多く釣れる」と太鼓判を押して
くださいました
「何で釣れるの」と聞かれますが、やはりフラッシュの力と
ケイムラバージョンが強力に影響しているのではないかと思います
元々はある地区のお客様からヒントをもらって作り始めた仕掛だったのです
最初は試行錯誤で自分でも使い、お客様にも使ってもらいながら
ようやく今の仕掛にたどり着きました
絶対とは言いませんが、良い結果になると思いますので
騙されたと思って一度使ってみてください



2018年9月24日月曜日

椴法華沖のババガレイが釣れてます

ババガレイは安定してます
特に深場の70~80mラインが良くて、50cmオーバーも数多く釣れて
外道のカジカの姿はほとんどいない様です
この場所ではマガレイは釣れてませんが、25~30mmラインでは
20~30cmが15~25枚上がってます
深場のババガレイはライト付きの仕掛「フラッシュババガレイ仕掛」が
効果抜群で圧倒的に釣れてます
ちなみに船の周りにロープが入ってなければ、仕掛を「チョィ投げ」で
広範囲に探ると意外な大物に出会えるチャンスがありますよ

2018年9月21日金曜日

黒岩沖(八雲町)

地元の漁師さんからの情報です
マガレイは順調に釣れているそうです
25~30cmの釣って楽しい、食べて美味しいサイズが
多く混ざるようになってきました
砂ガレイとイシモチガレイが少ないようです
沖合のホタテ養殖が無くなる辺りでは、身厚の大型ソウハチが上がってます
ソウハチには道内各地で多くのお客様から信頼されている「ケイムラ ソウハチ仕掛」が
絶対にお勧めです
他社のソウハチ仕掛と比べてもらえれば、その違いは直ぐに分かります






2018年9月17日月曜日

臼尻沖のババガレイ

漁師さんからの貴重な情報です
仕事の合間に「ババガレイ」を釣りに行ってるが
行く都度に「大漁」出来るそうなのです
先日も仲間と一緒に行って 35~58cmを一人で、8枚と14枚釣ったそうです
3日前も同様の枚数を釣りました
今年は隣町の大船沖でも釣れているそうです

黒岩沖のマガレイ

徐々に釣果が上向いてきてます
20~25cmが主体になりますが、30~70枚くらい釣れてます
マガレイは典型的な「小突き釣り」ですので
パターンを変えながら常に海底を重りで小突いて
マガレイを誘ってください、必ず食いついてくれます
条件が合えば面白いように釣れます

2018年8月28日火曜日

木直沖でヤナギノマイが爆釣

28日に木直の漁師さんが来店され
昨日から木直沖で急にヤナギノマイが大爆釣している

とにかく釣れて釣れて、物凄い状況になってる模様で
その他にもホッケやタラも釣れていて、
こんな事は今までは無かったそうです

魚探には中層に「沖アミ」の反応があって、それを追って
イワシやオオナゴが沢山いる、
更にそれを様々な魚が追っている状態

このままで続いてくれれば最高なのだが❓


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年8月20日月曜日

ババガレイが上向きに

ババガレイがいい感じで釣れてます

19日 椴法華沖にババガレイを釣りに行かれました

深さは35m前後、そこにはババガレイとマガレイが共存してました
今日のババガレイは、
好みの針の色が一種類だけに強烈に反応しました

その針は黒色の毛針ゴールドのホタテミラー、
更にレインボーのビーズ入りです

とにかく今日は他の仕掛を物ともせずに、
その針で12枚の入れ食い状態でした「あっぱれ」です

他には30~40cmくらいのマガレイが数多く、
48cmのマツカワも釣れました

今年の椴法華のカレイは面白そうです



FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年8月13日月曜日

メバルが好調‼️

メバルが安定して釣れてます

大きさは30cmオーバーの大型が混じり、
極端に小さな物は無くて型揃いばかりです

1人で30~50匹釣れていて、
活性がいい時には80匹以上の方もいます

メバルは繊細で利口な魚なので、
リスと幹糸の太さの違いで釣れ方が全く違います

幹糸とハリスを細くすればする程、釣れる確率は高くなります

しかし糸が細いとそれだけ糸切れのトラブルも多く発生します

その為には竿を替える事が必要です

長さは30m~3.6m、鉛負荷は80~100号の竿がベストです

針の色は「ケイムラ」が圧倒的に効果があります


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年7月31日火曜日

ヒラメが好感触でした

29日 戸井漁港から出港しました

しかしその日は東風が強くてシケ模様、
やむなく比較的に釣りやすい

瀬田来から弁才の沖に向かいました

そこは深さが13~18mくらいの「ここで釣るの」と思う程の
浅い場所なのです

でも釣りを始めてみると「結果オーライ」の釣りになりました

邪魔者のサメは全く居ないし、フグは1匹だけで最高でした

一番の「竿頭('さおがしら)」はヒラメの60cmオーバーを筆頭に
40~50cmクラスを6枚の大漁でした

今日のヒットタコキャップは「ピンク」が断トツでした




FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年7月30日月曜日

ホッケが大爆釣



函館近海の話でなく、積丹岬沖でのお話しです

電話注文の札幌のお客様が、
先日積丹岬沖に釣りに行かれた時に

当店オリジナル仕掛の
スーパー ケイムラ ほっけ やなぎのまい SHY-501
を使ったところ、

他のメンバーが「良型サイズのほっけ 15~20本前後、
根ほっけ1~2本」だったのに

「スーパー ケイムラ」を使ったお客様は
良型サイズを50本以上、根ほっけを6本」と
他の方の釣果を大きく上回る「ほっけ」を釣りまくりました

船頭も驚いて「何処の店から買って来たのさ‼️」と
聞かれたそうです

また、ケイムラファンか増えました❣️


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一


ババガレイが大漁

釣り過ぎじゃないですか‼️

45cmオーバー混ざりの「ババガレイ」を4人で「54枚」も釣ってしまいました

身が厚くて最高に美味い「ババガレイ」が
釣れて釣れて大爆釣でした

使った仕掛のなかで絶好調だったのがケイムラ カレイ仕掛け」で他の仕掛に圧倒的に差をつけて釣まくり

まだまだシーズンは長いのでこれからも充分楽しめます
場所は「鹿部沖」です


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一





2018年7月23日月曜日

函館沖のメバルも釣れてますが‼️

函館沖のメバルも順調に釣れてます、釣れてます‼

楽しいメバル釣りを台無しにする邪魔者が数多くて困っています

その邪魔者は「サメ」なのです

サメが針に食いつくと、仕掛を切ろうとグルグル回るので
その都度仕掛がメチャクチャにされてしまいます

仕掛が何組有っても足りないんですが
サメが居なくなるとメバルが釣れてくるのでプレジャーボートの
お客様はめげずに頑張っています

釣れる仕掛は「メバル仕掛 SMB-101」がダントツです
替え針もあります




FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年7月21日土曜日

お客様から嬉しいご報告がありました

以前に福島沖のメバル釣りに行った時に、
圧倒的に釣っていた方がいたそうです

その方に「その仕掛は何処で買って来たのか」と訪ねたところ
「福原釣具店で買って来た」と聞いて、
早速当店で仕掛と替え針を購入されました

そして21日にメバル釣りに行く事になりました

朝のうちはメバルの活性が悪くて、サッパリ釣れませんでした

しかし時間が経つにつれて、メバルが食いだしました

その後は面白い様に釣れて、気が付けば50匹以上に
クーラーを一人で持てないほど、釣ってしまいました

しかも大型のメバルも数多くありました

大きなミズクサカレイも10枚くらい、
小型のマゾイも釣れて大満足の釣りでした

お客様から「あのメバル針のSMB-101は本当に良く釣れる」と
お褒めの言葉を頂きました


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年7月19日木曜日

ホッケが釣れて‼️釣れて‼️

以前に「松前沖に行ってくる」と仕掛を買われた
お客様のお話しです

今日来店されたので、松前沖の様子を聞いてみると
「とにかくホッケが釣れて‼️釣れて‼️大変だった」との事

「でも 貴重なホッケが沢山釣れて良かったじゃないですか」
と言ってその後 話をよ~く聞いてみると、
ホッケの大きさにやや問題がありでした

大半が「ローソクホッケ」の小型ばかりで、
中層にいる大群のホッケが
落ちて行く仕掛に群がって食い付いてくるので
釣れる数もハンパではなく、
毎回ほぼ針数と同じ数のホッケが掛かって
仕掛けが落ちて行かないそうです


それでも「おっ~と」思う 大型のホッケも多く混ざって釣れるので
その期待感がたまらない様です


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一




2018年7月17日火曜日

椴法華沖のババガレイ

潮流れが良く無かったそうで
20-30mあたりでは、ババガレイがほとんど活性が悪くて
深場の80mラインに移動してから、ようやく釣れだしました

33~46cmが4-6枚でやや満足の結果でした

マコガレイも8~10枚釣れました

今回は「蛍光紫」の針に食いつきが良かったそうです


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

涌元沖のマコガレイ

雨の影響でやや濁りの涌元沖でしたが
マコガレイには大きな影響はあったのか、無かったのか?

通称「ごもわらが生えてる場所」での
マコガレイの反応が良かったようで

他の場所ではサッパリ釣れずに、「ごもわら」に来てみると
短時間ではありますが、パタパタと釣れたそうです

食いが良かった針の色は「金色」でした


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年7月6日金曜日

尻屋沖のバラメヌキ

バラメヌキは深海の魚、その深い所にいるバラメヌキのそばに
仕掛けを下ろすことは至難の技
更には船に乗っている四人の釣り人の仕掛、誰の仕掛にバラメヌキが
食いつくかも全く検討がつきません
そのドキドキ感がたまらずに、ハマる釣りなのでは❗️
今まではバラメヌキ釣りに関しては、邪魔な外道は釣れて来ないので
「夜光系は付けても差し支えない」と言われてましたが
夜光を付けない方が、良い効果があったそうです
今まではピンク系のフラッシャーやタコが定番でしたが
最近はバラメヌキに関しても「ケイムラ系の針」が釣れる事が
分かってきました
針に巻くケイムラのスレッドなどは、長く多目に入れて
ティンセルやタコもケイムラでまとめると
良い効果がでると思います
色々な針を作ってますし、個別の特注の針も賜ってます



2018年7月2日月曜日

札苅沖のメバル

潮流れの関係で、釣れる時間帯が短く短期決戦の勝負
この時間帯にいかに手返しを良くし、釣れる仕掛けを選んで
釣り上げるかが、大漁か不漁の分かれ道になります
釣れるメバルは大型が多く、柔い長竿を使う時には
竿先が大きく曲がって、水面に届く時もあるそうです
20~30匹くらい釣れてます
今回もフアィアーチューブの赤に圧倒的な効果がありました


2018年6月25日月曜日

涌元沖のマコガレイ

釣りスタート時点ではまだ薄暗く、マコガレイの食いも
ポツポツでしたが
お日様が上がり、陽射しが強くなってきた途端に
「ケイムラ カレイ仕掛」にマコガレイが群がってきて
入れ食い状態になりました
周りのメンバーが唖然とする中、釣れて釣れて
45枚の大漁になったそうです

2018年6月21日木曜日

函館沖のメバル

メバルは気難しくて警戒心の強い魚なので、オモリが海底に着く時には
リールの糸を指で押さえて、ゆっくりと落として下さい
釣果にはムラがありますが、楽しめる釣りになってます
大きさは比較的良型が釣れてます
釣れる針の色は、その日その時で変わるので
出来れば仕掛の予備は、多く持参することをお勧めします
やはりメインは「赤」「ピンク」に対する
反応が良いようです
新製品の「メバル仕掛」続々発売中‼︎



椴法華沖のババガレイ

ババガレイが釣れ始めました
まだ深いところに居るので、大某網の近辺が良いようです
深場でより一層効果があって、釣れると最近人気上昇中の
光るカレイ仕掛「フラッシュカレイ仕掛」
使ってみると高確率でババガレイが釣れて
多くのお客様から指示されてます
ババガレイの大きさはまだ中型が主体ですが
今後大型が期待できます
ババガレイが、違和感なく餌を捕食できるように
竿はなるべく柔い竿をお勧めします

2018年6月11日月曜日

熊石沖でもバッチリ

熊石沖はタラ、ホッケ、ヤナギノマイ、ハチメ、ガヤなど
魚種も豊富で魚影も濃く、魅力的な場所です
熊石在住のお客様が来店されて、噂に聞いていた
「ケイムラ ほっけ、やなぎのまい仕掛」を購入されました
早速使ったところ ほぼ入れ食い状態だったそうです
近くでその様子を見ていた仲間の船が近くに寄って来て
自作の仕掛を下ろしたのですが、何の反応もなく
食いつくことはありませんでした
そこで予備に持っていた「ケイムラ仕掛」を提供すると
状況が一変、次々と魚が食いついたそうです


松前沖のホッケとヤナギノマイ

松前沖ではホッケが良型も含めて好調のようです
釣りたくてもなかなか釣れないホッケ
少し遠い場所ではありますが、この機会に挑戦してください
やはり「ケイムラ」の仕掛にはホッケとヤナギノマイは
休みなく釣れたそうです

2018年6月10日日曜日

尻屋沖のバラメヌキ

お客様の話では、今年のバラメヌキは例年よりも良いようです

尻屋沖の狙う場所は、津軽海峡の複雑な潮流れが
大きく影響する場所です

ここぞと思う場所に仕掛を下ろしても、潮に流されて
狙う場所に仕掛が届かずに、バラメヌキの顔を見れない事は
何時ものことだそうです

仕掛けは針感覚が1m、
ハリスが45cmくらいが今までの実績では良いそうで
あまり派手な夜光は禁物
タコを付けるならばレインボー/ケイムラ

最近良かったようで、オーロラ系の多量の長いスレッドにも良い反応があったようです

餌は鯖やサンマの塩締めにイカのダブル餌掛けに効果があり
時折大型のタラが掛かって来るので、大型のバラメヌキと
勘違いしないように



FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一




2018年6月4日月曜日

大森浜沖のマコガレイ

決して大きなサイズではありませんが、
マコガレイが釣れています

30~35cmが主体ですが、時には40cmを超えるものも
マコガレイ特有の身の締まりで、食べても最高です

天気が良ければ「ケイムラカレイ仕掛」で決まりです



FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

札苅沖のソイ

釣れるソイの内容がその時で微妙に変わるのですが
今週はクロソイに好まれて良く釣れました

あまり好まれないクロソイですが、大きさは35~55cmの良型揃い
強烈に強い引きで、醍醐味は充分味わえます

今回は全体の1割くらいはマゾイでしたが
同じ場所でも圧倒的にマゾイが釣れることもあるので
疎かにはできません

マゾイが多く釣れる針が徐々に分かってきました

餌は赤イカや切り身のイカでも釣れるのですが
軽く塩で締めた鯖が釣果が良いようです



FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年5月28日月曜日

津軽海峡 高根のホッケ

この場所は津軽海峡特有の潮流れが複雑すぎる場所
更に根が荒いので根掛かりは覚悟しなければなりません

魚探の魚の反応を見ながら、根の側に仕掛を下ろして
アタリを待ってみても、食い付かない事は良くあるそうです

しかし何かのタイミングで活性が良くなり、立て続けに
ホッケが釣れ出すそうです

しかしボウズで帰ることも覚悟当たり前だそうです

50cmクラスのホッケを求めて行ってみてはどうでしょうか

因みに針は「スーパーケイムラ」の赤とピンクが効果がありました


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

函館 入船沖のヒラメ

この場所は比較的浅くて、潮流れも激しくありませんので
バケの重さも400gで充分です

毎年1mクラスのヒラメが釣れる事でも知られてます

バケを大きくしゃくり上げるのでは、小刻みに動かしながら
竿をゆっくり上下させると効果があるそうです

紫外線が海底まで届くので、昨年釣果実績があった
ケイムラのタコキャップをお勧めします


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年5月14日月曜日

黒岩沖のマガレイ

マガレイが産卵のために浅瀬に向かっているために
釣れる場所が日々浅くなってます

黒岩沖では20mを通過して16~17mが釣れてましたし
山崎沖では13~14mがベストでした

比較的黒岩沖では大型が多くて、山崎沖は中型が
釣れる傾向かもしれません

マガレイ釣りにはケイムラ仕掛は必需品です


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

椴法華沖では旨いホッケが…

本数は少ないのですが、大きなホッケが上がってます
根の周りを探りながらの釣りですが
突如ビックなホッケが釣れると、その大きさに感動しますよ
常に仕掛を動かして誘いをかけたほうがいい結果になってます
古部沖ではケイムラのホッケ仕掛で再三ヤナギノマイを
針数釣り上げてます

小谷石沖のメバル

例年になく大型ぞろいのメバルが上がってます

中には30cmオーバーも混ざります

なるべく80~100号オモリ対応で、300~330cmの
長い竿を使われると

メバルの食いを誘い、バラシを防いで仕掛の扱いが楽になります

メバル仕掛のSMB-101、SMB-109が大漁実績があります



FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一



2018年5月7日月曜日

八雲沖のマガレイ

連休は常に強風が吹き荒れて、沖に出れませんでしたが
6日.7日は出ることができました


山崎や黒岩沖では良型のマガレイが釣れました

25~35cmくらいのマガレイも数多く釣れました

卵がビッシリ入って、煮付けても美味しく食べれます

圧倒的にケイムラカレイ仕掛でした


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年5月1日火曜日

湯の川沖のマコガレイ

湯の川沖から根崎沖でのマコガレイがいい感じです

枚数は8~16枚くらいですが、
時には40cmオーバーも釣れています

ずっしりと重く暴れるマコガレイとのやり取りは
醍醐味がありますよ



FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

函館沖のソウハチ

通称 当別の丸山沖のソウハチは、順調に釣れてます

狙う深さはベタ底なので釣りやすいです

大型サイズも掛かりますが、水面で暴れてバレる事が多いので
必ずタモで取り込む様にしましょう

ケイムラ ソウハチ仕掛を使えば、間違いなく大漁できます


FAXでの注文も受け付けておりますので

                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年4月23日月曜日

椴法華沖

漁師さんの多くは、豊漁のマス釣りに夢中だったので
根魚を狙っていた漁師さんは、いなかったのでは
22日に椴法華沖に向かってみました

この日は天気は良くて釣り日和、
しかし潮回りが小潮で潮が流れない
最悪状態❗️  魚探には多くの魚の反応があるのに
魚の活性が極端に悪いのです

なんとか喰いつかせようと、誘いをかけるも喰いが渋い
悪戦苦闘で「タラ」「やなぎのまい」ホッケ」を釣り上げました

本数は少ないのですが、魚はいるのが分かりました

次回に期待して再挑戦します


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一



尻屋沖のマスはビックサイズ

先週の16日~18日は尻屋沖のマスは、
ビックサイズのオンパレード

釣れるマスは、3kg以下のサイズはほとんどなくて

3kg台は当たり前状態、中には4kgオーバーのマスも上がり
今年の尻屋沖は近年にない大漁で沸き立ってます


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一

2018年4月21日土曜日

福島沖のメバルがいい感じです

福島沖のメバル釣りがスタートしました

今年は型ぞろいで小型は少ないようです

シーズン初めのメバルは、冬場に食べて栄養を付けた魚体
その丸々と太っておいしさの塊は、他の魚では
味わうことができない美味しさがあります

メバルは根魚なので、根の周りに隠れています

その根に仕掛を近づけてメバルを誘い出して
喰いつかせる釣りです

竿をロットホルダーに掛けたままでもメバルは釣れますが
更に釣りたいと思ったら
竿を手で持ってオモリで海底を軽く小突きながら
深さを確認して、根掛かりを防ぎながらメバルを誘い出します

船の揺れのような大きな動きでは誘うのではなくて
小刻みで不規則な動かし方で仕掛を動かしてください

その動きにメバルは必ず反応します

他のメンバーよりも早く喰いつく筈です

後は追い喰いを待って針数掛かったら
巻き上げてください

瞬く間にクーラーは満杯になりますよ


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一




2018年4月19日木曜日

まだまだソウハチは釣れてます

函館湾のソウハチが絶好調です

函館山と当別の丸山を繋ぐラインの中間くらいに、
ソウハチが群がっています

ソウハチも数多く居ますが、釣り船も多く居ます

フェリーとか多くの船舶が往来するので、周囲を注意しながら
釣りを楽しんでください

ほとんどのソウハチが海底近くに居ます

今年のソウハチはほとんどが大型揃いで35~40cmが大半
中には40cmを超える分厚いものもいます

仕掛は言うまでもなく「ケイムラ ソウハチ仕掛」で決まりです
他の仕掛では比較にならないほど、圧倒的に釣れてます


FAXでの注文も受け付けておりますので
                                      下記の番号までお送りください。


              041-0806 北海道函館市美原1-47-1
         TEL/FAX 0138-83-5591 携帯/090-2070-6514


       笑顔が見たくて釣れる仕掛を
                                             福原釣具店 福原 城一