2018年10月28日日曜日

臼尻沖のババガレイ

遊漁船ではなくて漁師さんのお話です
場所は詳しくは教えてはくれませんでしたが、おおよそで臼尻沖と
表現します
前回函館に来た時にババガレイ仕掛を買いに来てくれて
その仕掛を使ったら予想以上に釣れたので、再度来店されました
竿を2本使って、場所を何か所も替えながら釣り歩くと
結果的に25枚のババガレイを釣ったそうです
最後に仕掛を根掛かりで無くしてしまいました
近々最新の情報が入りましたら報告します

黒岩沖のマガレイ

秋のマガレイが13mラインで釣れる様になりました
浅くなると小突きやすくなるし、巻き上げも早くなり手返しが早くなるので
大漁出来るチャンスがあります
天気が良くて紫外線がギラギラの時には「ケイムラカレイ仕掛」に
勝る仕掛はありません
今期は何故かイシモチガレイの姿が多くて、マガレイが居る場所を
見つけるのに一苦労してます
しかしマガレイとイシモチガレイが驚くほど大型が多いので掛かってからの
やり取りが楽しめます
カレイ釣りに飽きたら、バケを振ってヒラメや油子釣りを楽しむ事が
出来ます、50cmオーバーのヒラメも釣れてます

2018年10月22日月曜日

椴法華から古部沖が上向き

タイミング良い潮流れに変わると
良型のヤナギノマイやホッケが釣れてます
タチが入ったタラが上がる事もあります
絶対とは言いませんが「ケイムラ ほっけやなぎのまい仕掛」を
使えばかなりの確率で好釣果が得られます
せっかく釣りに行くので「釣れる仕掛」を持って行く事を
お勧めします

2018年10月14日日曜日

鹿部沖のババガレイ

浅場でも深場でも好調に釣れている「ババガレイ」
先日当店に見えられたお客様は「友人の船に乗って、今年は100枚以上
釣っている」と言われるほど今年は良いようです
根の周りに居るババガレイを狙うので、多少の根掛かりは覚悟の上ですが
しかし根の周りなので、釣れる魚は「ヤナギノマイ、ホッケ、タラ、ガヤ」
など何とも楽しくなるような釣り
竿は2本出せるので、1本はババガレイに もう1本は五目釣り用にと
セットできます
ババガレイは比較的に黄色の針を良く好みます

2018年10月9日火曜日

札苅沖のマゾイ

お客様が自分で釣った鮮度抜群の「イワシ」と「チカ」を使って
プレジャーボートで札苅沖の「マゾイ釣りに」向かいました
竿を2本出して、1本は「自作の仕掛」 もう1本は「ケイムラ そい仕掛」を
セットしました
餌は鮮度抜群の「イワシ」を付けました
狙いの「根」の側を流すと、すかさず2本の竿先が激しく揺れました
仲間とそれぞれの竿を巻き上げると、マゾイとクロゾイが釣れました
その後もアブラコやメバルやガヤも一緒に釣れて大漁になりました
結果は圧倒的に「ケイムラ そい仕掛」が釣れたそうです
仕掛は各種シングル針とダブル針があります
餌が良かったのか仕掛が良かったかは⁉️


激しい潮流れに振り回されました


椴法華の釣り好きのお客様からのババガレイ情報です
先週天気の合間をぬって、波が穏やかな時に出港しました
風が吹いてくる天気予報なので早めの勝負です
迷わずに75mラインで船を固定しました
釣れる仕掛と聞いていた「フラッシュババガレイ仕掛」と
市販の仕掛を下ろしてみました、しかし潮流れにが早く
80号の重りも流される状況で浅場に移ろうと思いましたが
天気が悪くなることを考えて、移動は辞めました
30分後に潮流れがやや緩くなって来た途端に、竿先が大きく曲がりました
巻き上げると46cmのババガレイが釣れました
その後も立て続けに4枚のババガレイが釣れました
最大52cmも上がったところで、予報通りに強風が吹いで
大急ぎで帰港しました
実質1時間半くらいの釣りでババガレイが5枚釣れました
素晴らしき「フラッシュババガレイ仕掛」と驚いてました
因みに市販の仕掛には「カジカ」が3匹掛かりました