2019年9月16日月曜日

当別沖の情報

プレジャーボート所有のお客様からの情報です
メバルが48匹、クロゾイが12匹、アブラコが2匹マゾイ6匹釣れたそうです
餌のサバを身の裏の脂身だけを残して三枚おろしにします
美味しい身は捨てます
まな板に軽く塩を振って サバの身の方をまな板に乗せます
その上に軽く押しをかけて  1~2時間置きます
その後 1,0cm幅で5cmにカットします
そのカットが功を奏したのか 面白いほどに釣れましたが
更に竿を手に持って 小刻みに上下に激しく動かすと
今までには無かった様な 激しい荒食いになり
一度に6~8本釣れる 状況が続いたそうです
ちなみに仕掛は「ケイムラ バージョン」でした

五目釣りが好釣

色々な魚が釣れて 楽しかった‼️
行かれたお客様から 数多くの喜びの声が聞かれました
椴法華沖は海中に、多くの「沖アミ」や「イワシ」
更にそれを捕食する魚が 群れになって泳いでいます
その状況では 仕掛の餌には振り向きもしないのでは
と思いきや
一度潮流れがいい潮に変わると 釣れて釣れての入れ食い状態に‼️
ホッケ、ヤナギノマイ、タラ、ソイ、ガヤ、ブリ、など
瞬く間にクーラーは満杯になりました
これからどんどん良くなりますよ

2019年9月8日日曜日

鹿部沖のババガレイ

時期が深まるにつれて、良型が多くなりました
圧倒的に「ケイムラ  仕掛」が絶好調‼️
「ゴールド」も捨てがたいです
鹿部沖で人気の仕掛があります

椴法華沖のババガレイ

7日の土曜日
ババガレイが好釣でした最大46cmを含めて、16枚釣れました
他にマガレイが12枚、アブラコ、タカノハ、カジカなど
光る仕掛が絶好調でした

2019年8月26日月曜日

古部沖の五目釣り

椴法華から古部沖にかけての探り釣り情報です
5時くらいに椴法華沖で釣り始めたが、今ひとつ反応が弱くて
アタリがありません
何ヶ所かの魚礁を渡り歩いて行くと、ある魚礁で魚探に
素晴らしい反応がありました
すかさず仕掛を下ろすと強烈なアタリ‼️
竿がガクガクと揺れまくりです、巻き上げてみると
大きなホッケとヤナギノマイが6本上がってきました
その後も順調に釣れて、大型のクーラーは満杯になったそうです
今回は新製品の「ほっけ やなぎのまい 仕掛 HY-185」に
好反応があったそうです





2019年8月12日月曜日

涌元沖のマコガレイ

12日 マコガレイ釣りのお客様からの情報です
船頭さんが得意としている、通称「ごもわら」の場所へ
行きました
潮流れが緩やかで釣れそうな予感‼️
釣り始めると「予感的中」で小刻みな小突きの誘いに
魚が反応してくれます
大型は無かったのですが、25~38cmのマコガレイが22枚
釣れたそうです



2019年8月4日日曜日

ババガレイ情報

4日に椴法華沖のババガレイが好釣だったお客様の報告です
4時半に出港、狙う場所で置き竿を2本、手持ち竿を1本セット
後はアタリを待つだけと思っていたら、直ぐに置き竿に強烈なアタリが‼️
竿先のツッコミが物凄いので、慎重に巻き上げると
34cmと45cmのババガレイがダブルで釣れました
程よく潮流れもあったのが功を奏したのか、次々とアタリがあり
パニック状態になったそうです
しかし9時過ぎには潮流れが無くなり、アタリも少なくなりました
結果はお客様1人で、ババガレイ32cmから46cmを12枚
マガレイが8枚、アブラコ2本、ギスカジカ12本でした
仕掛は水中ライトが付いて、イエロービーズと夜光ビーズが
付いた仕掛が良かったそうです