2015年7月14日火曜日

大澗沖(函館市)原木根のマダラ

一般的に津軽海峡の原木根の潮流れは、夏場に使える事は少なく、いつも潮が速すぎてオモリが底に着かないのです

漁師さんも原木根まで行ったが潮が悪いので、そのまま海上で
潮が良くなるのを待つ事もしばしばあります
 
先週にお客様が遊漁船の船頭さんと二人でマダラを釣りに
原木根に向かってみました
 
早速タラシャクリを下ろしてみると潮流れが緩いのか、真っ直ぐに
降りて行き魚探の深さとリールのカウンター数字が合致しました
 
このチャンスを逃すまいとタラシャクリに4本チラシ針を付けて
シャクリ始めると直ぐにガツンと重いアタリ!!
 
4本チラシ針でバレる事はほとんど無いのでやや速巻きで
上げてみると4本の針はタラの体にしっかりと掛かっていました

針掛かりが抜群に良く、バレる事が少ない4本チラシ針に感動です

その中でもピンクのタコベイト付きがすこぶる良かったそうです
タラの大きさは3~7kg、チラシ針使用で12~18本上がりました
 
ちなみに身は締まって美味しく頂いたそうです



FAXでの注文も受け付けておりますので
             下記の番号までお送りください。
   〒041-0851
         北海道函館市本通2-30-10



   TEL/FAX 0138-51-3579 携帯/090-2070-6514