2021年4月12日月曜日

そんな浅い場所で釣れたの⁉️

 お客様から4月11日の情報が届きました

岸から船を走らせても直ぐに着いてしまうような「浅い場所‼️」

そこは水深20m、「こんな場所で釣れるの❓」

話を聞いた時には半信半疑でした

話によると3人乗船で、大型混じりのマスを50本近く釣ったそうです

仕掛を降ろし過ぎると海底に着くような場所❗️

良い釣りになりましたね

まだまだマスは居ますし、釣れますよ

仕掛は常に用意しておきましょう‼️

ちなみに場所は根崎から志海苔沖です







2021年4月11日日曜日

食べる餌と同じ色の針で大爆釣‼️

 11日大型ボートで出航のお客様情報です❗️

4時30分に釣り場へ向かいました、狙う最初の「根」に到着

この時点では風が強くて、船は流されるし梶取も大変

油断すると直ぐに根がかりしてしまいます

仕掛は幹糸や組み立てはお客様オリジナルですが

針だけは「福原釣具店オリジナルの針‼️」を使ってます

最初は「ケイムラ xパール色」の針でスタートです

「ん⁉️ アタリが無い❓」もう一度流し直しです

でも やはりアタリがありません「んー❓ 心の中で唸ります」

ここで面倒ですが思い切って仕掛を替えてみます

今までに何度も大漁させてくれた「赤針に替えてみました」

「するとどうでしょう‼️ 今までが嘘だったように

仕掛が海底に着いたと同時に強烈なアタリが次々と」あります

巻き上げてみると40cmオーバーのマゾイがダブルで掛かってました

その次もマゾイがダブルにホッケがポツポツ、フグは全く気になりません

何で赤針が良いのかなと思って、口の中を見てみたら

そこには「ヤドカリ」が入っていました

なるほどヤドカリと同じような色の針だから「活性が良いのか」

と思いました

餌が付いていない赤針だけにでも、ソイが食いついてきました

マゾイは今が産卵時期でお腹はパンパンに膨らんでます

その為かどうか分かりませんが、魚探に映る根の上には

魚の反応は全くありません

そこで何にでも挑戦するお客様は「根がかり覚悟で

根の穴の中に、仕掛を落とし込む気持ちで送り込むと」

その釣り方が大当たりで、次々とマゾイが釣れました

一緒に乗っていた仲間も、途中から「赤針」に替えたら

「釣れて釣れて❗️」思わずにっこり

あまりに釣れてイケスもいっぱいになったので早上がりして

9時には函館港に戻ってました

結果はお客様が魚箱に3箱‼️ 仲間は出遅れた為魚箱に1箱でした

40cmオーバーのマゾイが40本以上

今日はいつもはたくさん釣れるメバルが1匹も釣れませんでした

福原釣具店ではパール、ピンク、レッドの各色の針

針のサイズも丸セイゴ13号、15号、

      チヌ  7号、9号 を用意してます

その他に注文に応じて シングル針やダブル針各種仕掛も賜ってます

ご来店をお待ちしてます






2021年4月5日月曜日

濁っていれば見える色も変わる⁉️

 お客様から「こんな事がありました‼️」と報告が届きました

マス釣りに行ったんですが、物凄く濁っていて何も釣れません

バケを振ろうが、ジグを下ろそうが何の反応も無いのです

PEラインにはゴミが引っかかり、魚が居るとは思えません

そこでお客様は何でもいいから、「何かを釣って帰ろう❓」と思って

買ったばかりの仕掛「スーパーケイムラ ほっけ、やなぎのまい 仕掛

SHY401」を降ろしてみました

そうすると魚の気配が全く無かったのに、この仕掛だけには

大きくはありませんが、「マス」が続け様に5本も食いつきました

相変わらず他の仲間は釣れませんでした

たまたまこの仕掛の色が条件的に合っていたのか、魚が針の前に居たのかは

分かりませんが⁉️

来年のマス毛鉤の参考資料にさせてまらいます‼️



2021年4月3日土曜日

餌が来ればマスも来る‼️

 2日の恵山沖

海は雪解け水で濁って、水温も低くて最悪の状況でした

しかし条件さえ合えばマスもしっかりと食い付いてきます

この日は餌となる「小女子」が来たのでマスも一緒に来ました

中型のマスで1.2kg~1.5kgクラスが6~8本釣れました

濁りさえ落ち着けばまだまだ釣れます‼️